【室内でもOK】アボカドの水耕栽培を記録

水耕 栽培 記録Aus Life

部屋の中に観葉植物を置いてみたいと思った日の晩ご飯が、アボカドとモッツァレラチーズの和え物。

種をゴミ箱から引っ張り出して栽培してみようと思いました。

観察日記っぽく軽く更新していきます。

2021/06/26(栽培98日目)

いいですよ。キレイに葉っぱが2枚に分かれて、更に小さい目も出てきてる。

どんどん成長してる。

ここまでくると、葉っぱの色も落ち着いてきたのか、深い緑色がいい感じです。

ちなみに、ハエ問題はこちらのサイトで紹介されていたお酢+食器洗剤トラップを使ってみることにしました。

お酢でハエを寄せ付ける。そして洗剤。

ハエの体は水をはじく油が覆われているとのこと。その油を洗剤で中和してやるのだとか。

ダメなら麺つゆで吸引力アップを狙います。

2021/06/20(栽培92日目)

avo626

一度目が出てからのハッサンの成長具合ったらないな。夏休みの明けの高校生ぐらい変わってる。

にょきにょき伸びて今では茎の長さが10㎝を超えてます。

1日の中でも朝と夜に見るだけで全然大きさが違う気がして、楽しくなって何回も見てしまう。

ちょっと気になってるのは、部屋の中に1㎜ぐらいのハエが飛んでること。

きっと土か、水があるから虫が湧いてしまうのかな。対策を打たねば。

2021/06/12(栽培84日目)

新芽が凄い勢いで伸びてきてる!

大体5㎝ぐらいに。

若い時って、ある一定のところに来たら一気に伸びるから見ていて楽しいですね。

人間でも同じことが言えるのかも。

2021/06/10(栽培82日目)

寒いですね。メルボルンの冬は風が強いので体感温度はめっちゃ下がります。

そんな中でもウチのアボカドのハッサンは元気に頑張っています。

ちょっと出ていた芽が伸びてきて、マッチ棒ぐらいに成長しました。

手をかけてないんだけど、わりと育つんだね。

2021/06/02(栽培74日目)

こんにちは。

オーストラリアは6月になって本格的に冬に入りました。

朝がめちゃくちゃ寒くて困ってます。

植木鉢に植え替えたばかりなんで
「しっかり太陽の光を当ててあげたい」
と思い色んな場所に移しています。

今日はベランダの日光が当たっている場所。

というか、先日出しておいて取り込むのを忘れてた。。ゴメン

それでも、ちょっとずつ成長してきています。

芽が伸びてきてるのがわかりますかね?

寒いのに頑張っています。

2021/05/27(栽培68日目)

よしよし。

嬉しいことに新芽が出てきました!

普段水を代えるぐらいしか手をかけてないんですけど、少しずつ成長が見えて嬉しいですね。

メルボルンは本格的に冬を迎えますので、その前に植木鉢に移してあげることにしました。

ちなみに、根っこは伸びて伸びて5cmは軽く超えてますね。

  1. 家にある植木鉢を見つける
  2. 新しい土を入れる
  3. くぼみを作る
  4. 種をそっと置く
  5. 土を戻す


はい、移動完了です。これで寒い冬も頑張って乗り越える準備は整いました。

「土がちょっと足りないな」と思ったんですが、ま、大丈夫でしょう。

皆さんも体調管理にはお気を付けください。

あ、そういえば、違う植木鉢の話ですが、水を多くあげすぎちゃって余った水を放置してしまいました。

結果、水が腐って、部屋中悪臭が立ち込める悲惨な事態に。

水のあげすぎにもご注意を!(お前だよ)

2021/05/12(栽培53日目)

しばらく放置プレイをかましている内に、根っこがモサモサしてきたのでびっくりしました。
そろそろ冬本番になるけど、今から土に植えて頑張って根を張ってくれるのだろうか?
でも、このまま水につけててもしょうがないのでボチボチ植え替えをすることにしました。
けっこう大きくなるようなので、ある程度いい感じの大きさの植木鉢を探さなければ。

2021/04/14(栽培25日目)

前回出てきた根が倍ぐらいの長さになってきたので、嬉しくなって写真を撮りました。

アボカドの種は手では割れないぐらい固いんですが、それをパッカリ割って成長しております。

かなり大きく割れ目が入ってので、中からどんなものが出てくるかわからない楽しみとワクワクでいっぱい。どのタイミングで土に移してあげるのかは検索中です。

これからメルボルンは寒くなって、室温も下がるのでハッサンにとってはあまり好ましくない温度かも。がんばれ。

2021/04/05(栽培16日目)

祝!!!

発根しました!

この言葉が正しいかはわかりませんが、ハッサンの水耕栽培を始めてやっと成果が出たので嬉しい限り。

やっぱり種が大きいと、その根の大きさも比例して太い物が出てくるようです。

今はだいたい5mmほどだけど、これからも頑張って伸びていって欲しい。

2021/04/01(栽培12日目)

世間ではエイプリルフールと騒がれていますが、ハッサンには全く関係のない話の様です。

依然としてまったく動きを見せません。

冗談でもいいからチョロっと出てきてはくれないだろうか。
ちなみにメルボルンはこれから冬に入り寒く曇った時期になります。
「あ!」
と思ったことは、発芽の最適温度みたいなものがあるんじゃないかということ。

こちらのサイトで見てみると、発芽のための最適温度は20℃前後とのこと。
「無理ですね」
室内の中とはいえ、冬に20℃を保つにはずっとヒーターを付けていなければならない。

現実的ではありません。

彼の生命力の強さに期待するしかないようです。

2021/03/25(栽培5日目)

特に異常なし!メルボルンは今日も曇り。

相変わらずメルボルンらしい天気になってきた。

ちなみに彼の名前を決めました「ハッサン」アボカドの種類がハスだからね。

2021/03/22(栽培2日目)

アボカドの芽は一向に出ません。

ふと思ったんですけど、人の趣向というか好みって年齢でがらりと変わるようです。

若い時には植物に全く興味がなかった僕ですが、最近では道に咲いてる花を見て彩りに目が惹かれるようになりました。

家のテーブルに花を置いておくだけでも、味気ない部屋に生気が出るのを感じます。人って変わりますね。

人生の中で何に意識を向けているかという事が、大きく関係しているように思います。

オーストラリアに移住してきた当初は大学の課題や英語のことで頭がいっぱい。

今は生活も落ち着いて他のことにも目を向けられるようになってきたのでしょう。

自分を俯瞰してみてみるのも楽しいものです。

2021/03/21(栽培1日目)

たまには日記っぽい記事を書いてみるのも面白いかなーと思ったので挑戦してみることにします。

ただのおっさんの日記なんて誰も興味ないだろうから、ついでにアボカドを育てる記録日記にしようと思います。

アボカドの水耕栽培を始めようと思った理由

ちょっと前にCanvaの使い方のwebinarがあったんですよ。

一番の収穫はそこに登場されていたCanvaのカントリーマネージャーの植山さん。

このおっちゃんの雰囲気が面白くてめっちゃ興味を惹かれました。

経歴がすごくてアメリカのDropboxで働いていたり、BMX(自転車に乗ってくるくる回ったり、飛び跳ねるやつ)の大会で優勝してたり。

で、その人のブログを見てるときにアボカドの栽培日記を見つけたわけです。

最近植物に興味が出てきてクリスマスに買ったポインセチア買いました。

でも虫がついちゃって室内では厳しいなと思ってたので、虫が付きにくそうなアボカドを育ててみることにしました。

水耕栽培をして1か月は変化がないようなので、何かあったときに更新するという気楽な感じで始めます。

室内でアボカドの栽培を始めるステップ

アボカドのタネを育てる用意の手順は以下の5ステップです。

  1. 種をきれいに洗う(果肉が成長を阻害するらしい)
  2. 薄皮を向いて(やってない人も多いけど、中を見てみたかった)
  3. キリで穴をちょっと開けて
  4. 爪楊枝を刺して
  5. 尖った方を上にして水につけ

水は腐らないように数日に1回変える。

(こまめにできない性格なので思い出したときに)

そして成長を願う。

ちょっと見た目が脳みそっぽいのと、刺したところから汁が出てきて気持ち悪かったけど、キッチンの端っこに置いておくことにしました。ちなみに容器はモッツァレラチーズの容器。アボカドとモッツァレラチーズの和えたやつ美味いんでよく作りますので。おしゃれ感はゼロでも相性は抜群。がんばれ。

【体験談】なんで?英語力0の看護師がオーストラリア留学を決断した理由

【体験談】オーストラリアで就職した看護師のリアルな感想

この記事を書いた人
Dash

オーストラリアで看護師をしているスイーツ好き男子

☑略歴:日本で看護師になりオーストラリアに移住。メルボルンで大学を卒業し、そのままナースとして働き3年ほど経過。移住してから約10年が経過。

☑好きなもの:漫画宇宙兄弟、嫁のバスク風チーズケーキ、マインクラフト、パン作り、発酵食品づくり


タイトルとURLをコピーしました