【5分で調理】世界で一番売れてるパスタと海外で買える材料で簡単トマトパスタ!

Tomato pasta eye catchオーストラリア生活

海外在住の人にとって日本食を食べることは、お腹を満たすだけでなく「日本食を食べたいという」恋しい気持ちを満たすのにもとても大切なものです。

今回作るのは簡単にできて家にある材料ですぐにできる「トマトパスタ」

メイン
  • 急にご飯を作らなければいけない時
  • 材料がないけど、とにかくお腹がすいた時

こんな時にすぐ作れる時短、簡単なメニューです。

日本人はカツオの風味が大好きですが、関西人には特にダシの文化が根付いていて大好きな味になっていると思います。

多分クックパッドで見つけたレシピだと思いますが、10年近く前になるので元のレシピは残っていません。レシピを考えた人すいませんm(_ _)m

家にある材料を使って、5分で簡単に作れるのでぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク

世界で一番売れているパスタを知っていますか?

パスタ

日本でパスタというとママーやオーマイですが、世界で一番人気のあるパスタメーカーは「バリラ」です。青いパッケージが特徴のバリラパスタは150カ国で販売され世界で一番売れているパスタとして有名です。イタリアの会社で140年もの歴史があることからどれほど親しまれてきたかわかりますね。

パッケージに記載されてる番号によって太さが全然違うのでご注意を!我が家のお気に入りはNo,3です。

バリラのパスタはオーストラリアでももちろん有名で、どのスーパーにでも置いているので簡単に手に入ります。いろんな太さや、形があるので色んな種類の料理に役立ちます。僕はよくある細長い物しか使ったことはありませんが、、

お気に入りポイント1:茹で上がりがプリップリ

食感の特徴は厳選されたデュラム粉を使っていること。良質のたんぱく質がしっかりと弾力を作っているので食感を保ちます。証拠として茹でた時のお湯があまり濁らないのは、グルテンが流れ出さずにプリプリの食感を出しているということ。

また表面をツルツルに加工していることで、茹で上がりもつるっとしていて口当たり、喉越しがいいのが特徴。アルデンテの状態を長く保ちます。よくある「食べてる間に麺が伸びてくる」という変化が少なく、最後の一口まで食感が保たれるのは嬉しいですよね。

お気に入りポイント2:ソースを選ばず使いやすい

このパスタの特徴は誰にでも使いやすいオールラウンダーのパスタだということ。適度にソースと絡むのでトマトソース、オイル系クリームソースなど、どのような種類にも合うのが嬉しいです。通の人はソースや食材によってパスタの形、太さを変えますが僕のように

  • 「あまり違いがわからない」
  • 「とにかくパスタが食べたい」
  • 「何種類もパスタをストックしておきたくない」

という人にとっては十分すぎる使い勝手の良さです。これを裏返すと、こだわる人にとっては

  • 麺に個性がない
  • もっとソースと絡んでほしい

という意見もあるようですが、僕は満足しています。

ちなみにオーストラリアには赤いパッケージのパスタ麺があります。

anohter choice
引用元https://sanremo.com.au/

少し喉越しがザラザラしていて、麺の風味もバリラより劣り少く雑味を感じます。過去に2回ぐらい使ったことはありますが、それ以降はずっとバリアのパスタを使っています。

レシピのおすすめポイント

  • 和えるだけ!簡単で洗い物も少ない
  • しっかり味で日本食が恋しくなった人も満足できる
  • ほとんどの食材を買い置きできるので、急に食べたくなった時でもすぐに対応できる

調理工程

  1. 茹でる
  2. ソースを作る
  3. 和える

これだけの3step。本当に5分でできます!詳しく作り方を見ていきましょう。

材料 (2人分)

材料
  • トマト               2個
  • パスタ               250g(大盛)
  • aカツオ節         5g
  • a醤油                 大さじ2
  • aオリーブオイル 大さじ1
  • a塩                3g
  • aツナ缶            1缶(80g)

1トマトの湯むき
個人的にはトマトの皮の食感が気になるので湯剥きをします。どうせパスタを茹でるので一緒にトマトも茹でてます。生のトマトのフレッシュさが欲しい人、皮が気にならない人はこの工程は飛ばして下さい。

2パスタを茹でる

茹でる

水1Lに対して塩大さじ半分を入れて茹でる。パスタとソースの塩分濃度が違うとバランスが悪くなるので。

3トマトを刻んでソースを作る

ソース

ツナは好きな大きさにを潰す。aをすべて混ぜ合わせる。

4パスタ茹の湯切り

和える

表示時間よりも少し早く「少し早いかな」と思うぐらいでパスタを茹で終わる。ソースと絡めるときに調理を完成させるイメージ。余熱で火が入って、同時にソースを吸ってくれます。これを利用して、しっかり麺に味が入り一体感が出ます。

5お皿に盛り付け

出来上がり

お好みでカツオ節を後乗せ。

味の感想

トマトを使うからあっさり食べられるのが最大の特徴でしょうか。看護師なので、夜勤から帰ってきて「微妙にお腹がすいたけどコッテリしたものは食べたくない」というときに役立つレシピです。

トマトのフレッシュ感が欲しかったら生で、一体感とスムーズな食感を出したかったら湯むきをして下さい。一手間増えますけど。

醤油とカツオ節のコンビネーションの威力は日本人なら誰でも大好きなはず!

食べている途中で粗びきのブラックペッパーで味を変えると更に楽しめます。

ちなみにこのパスタは冷たくしても食べられます。もちろん温かくても美味しいのですが、夏の暑い日にはよく冷やしたソースと細いパスタを使って作れるのも大きな特徴の一つです。

この記事を参考に作ってくれた方

Ruiさんがこの記事を読んで、トマトパスタを作ってくださいました。
湯むきをしたプチトマトがちっさくてかわいいのと、ソースと絡んで美味しそうです!
写真もきれい、見た目大事ですね。

HisayoさんもRuiさんのキレイな写真を見て作って下さったようです。しかも粉チーズトッピングまでして美味そうです。洋風→和風→もう一度洋風というアイデアが面白い!チーズとトマトだから相性いいですよね。今度やってみます。

いつもは料理をしないと言うふくちゃんもトマトパスタを作ってくれました。マレーシア人のパートナーのタムタムも気に入ってくれましたか?

まとめ

この記事ではいつも我が家で作っているトマトパスタを紹介しました。世界で一番売れているパスタとして名高いバリラパスタを使うことで、ツルツルの喉越しとモチモチの食感を楽しむことができます。

海外に住んでいる人にとって日本の味を楽しむのは、お腹だけでなく心も満足するさせるための大事な時間。

  • 5分で作れて、
  • 材料も少ない、
  • 洗い物も少ない、
  • 節約もできる

ということで、我が家の最強レギュラーディッシュです。ぜひ試してみてくださいね。
おすすめの関連記事

簡単にできる作れるメニューと言えばインスタントヌードル!大好きなインドミーのインスタントミーゴレンについてレビューしています。

インドミーのミーゴレンを500回食べたレビュー!食べ過ぎには注意

【博多元助レビュー】メルボルンで日本のラーメン!過度の期待は禁物

この記事を書いた人
Dash

オーストラリアで看護師をしているスイーツ好き男子

☑略歴:日本で看護師になりオーストラリアに移住。メルボルンで大学を卒業し、そのままナースとして働き3年ほど経過。移住してから約10年が経過。

☑好きなもの:漫画宇宙兄弟、嫁のバスク風チーズケーキ、マインクラフト、パン作り、発酵食品づくり

タイトルとURLをコピーしました