【ギフトに最適】Koko Black(ココブラック)オーストラリア・メルボルン発の高級チョコレートを紹介

KOKO BLACK EYECATCH食べる

先日たまたま食事をしていたレストランで誕生日のギフトにKoko Black(ココブラック)のチョコレートの詰め合わせをもらっている人がいました。受取った人の喜ぶ姿から大好きなんだろうできます。

その通り!オーストラリアにおいて、ココブラックのチョコレートはプレゼントの鉄板中の鉄板!外すことのない、オールタイム オールマイティギフト フォー エブリワンなんです。

そこで、この記事ではココブラックのチョコレートがギフトとして最適な魅力とその理由をお伝えします。この記事を読めば、オーストラリアにいる誰もが喜ぶギフトを贈れること間違いなし!

結論だけをすぐに知りたいという方は「Koko Black(ココブラック)をギフトとして選ぶべき5つの理由」からすぐに答えがわかります。

スポンサーリンク

Koko Black(ココブラック)とはどんなお店?

オーストラリアの主要都市には数店舗ずつココブラックの店舗があるので、ご存じの方も多いと思いますが簡単におさらいしましょう。
ココブラックは2003年にメルボルンのロイヤルアーケードに第1号店を出店し注目を集め始めました。現在では発祥の地ビクトリア州以外の州にも出店するほどにまで大きくなり、シドニー、アデレード、パース、そしてキャンベラにもお店があります。

ココブラックの商品の根幹にある考え方は「熟練の技術と独創的なアイデアを組み合わせることによって予想もできないチョコレートを作り出す」という革新的なもの。その理念の通り100種類以上のも商品があります。他のチョコレート屋さんにはないコンビネーションを発見できるという点が、ココブラックのお店に行く楽しみの一つでもあります。

こちらの記事によると2019年に開始したオンラインでの販売もロックダウンをきっかけに売上が250%も増えたとのこと。みんな家にこもって辛い時には美味しいチョコレートを食べて癒されていたんでしょう。丁度、冬の間だったのでチョコレートもだけでなくホットチョコレートも大人気だったに違いありません。

本拠地のお店はメルボルンの街の中心、ブロックアーケードと呼ばれるヴィクトリア様式の建造物の中にあって、とてもおしゃれ。外国にいるような雰囲気を満載できる(外国ですが)の一つの特徴。

melbourne block arcade

お店の中もモダンシンプルでおしゃれに統一されており、ハイブランドのチョコレート屋さんという雰囲気があります。ショーケースに並んだチョコレートは種類がたくさんあるので、どれを選ぶか非常に迷うところです。僕のおすすめはもうちょっと下で紹介しますね。そんな人には小さいチョコを一個ずつ買えたり、量り売りもされているので「プレゼント前の味見♪」という口実で買ってみるのもありです。

ココブラックのチョコレートはベルギーのクーベルチュールチョコレートに由来しており、全て手作りされたプレミアムチョコレートです。

クーベルチュールチョコレートとは、製菓用に使われるプロフェッショナルなチョコレートの事です。ココアバター35%以上含有しているのが特徴で、スーパーマーケットなどで売られている市販の板チョコに比べてカカオ本来の香りを楽しむことができます。

材料はオーストラリア国産のものを使う事にこだわり。タスマニアのハチミツやオーストラリア国内産のナッツを使う事で地産地消を促進、ローカルに優しい企業なんです。

Koko black website

詳細はKoko blackのホームページをご覧ください。

Koko Black(ココブラック)をギフトとして選ぶべき5つの理由

理由をお伝えする前に注意点を1つ
大好きです。大好きだからこそ1ついいたい!ギフトとしてのデメリットを。それは箱の大きさ。持ち運びという点を考えると、これを改善してもらえたら嬉しいです。
僕も49個入りの大きな箱のものを購入しましたが、とにかく箱が大きい!傾けるわけにもいかず、常に真っすぐを心掛けないといけないのはなかなか大変でした。それでも受け取る人が「美味しい」と言ってくれると思うと頑張って持ち運べます。

デメリットもお伝えしてすっきりしたので。ココブラックのチョコレートをプレゼントに選ぶ理由は以下の5つあります。

  • 単純に美味しい
  • 食べる人を選ばない
  • 値段設定に幅がある
  • 外装がおしゃれ&かわいい
  • オンラインで購入できる

単純に美味しい

ココブラックのチョコレートがプレゼントに最適な理由は美味しいから。言うまでもありませんが、一度でも食べたことがある人には分かると思います。その濃厚で鼻から抜けるカカオの香りが幸せをくれます。また中チョコレートの種類が豊富なので毎回違う味を試せるワクワク感もあります。でも一番のおすすめポイントは甘すぎなくてカカオの味がわかること。ミルクや砂糖で味をごまかされてないのがいい。まだ試したことがない人は是非トライしてもらいたいです。

色んな人が楽しめる

2つ目の理由としてはチョコレートは万人受けするプレゼントだから

  • 甘い物が大好きな人
  • 性別を問わない
  • 子供から大人までの幅広い年齢層

更にココブラックでは色んな食事の制限のある方

  • ビーガン
  • 乳製品アレルギー
  • グルテンアレルギー
  • 人工着色料
  • 保存料

これらの理由で他のチョコレートが食べられない人への商品も取り扱っています。最悪の場合、本人がダメでも家族に食べてもらえる。無駄にならないという点においても、チョコレートのギフトは最適です。

値段設定に幅がある

お土産用の予算をあらかじめ決めている方は多いと思いますが、ココブラックのギフトセットの価格は様々。小さなチョコレートの詰め合わせだと$100ドルほどするものから、小さなものだとS30ドルぐらい。また板チョコなども$13ほどで売られているので、予算に合わせてお土産を購入することができるのもメリットのひとつ。
いやらしい話、高級ブランドとして知名度もあるので貰った方も「あ、ココブラックか!(結構高いのは知ってるから)嬉しい!」となるわけです。

外装がおしゃれ&かわいい

ココブラックのテーマカラーはターコイズブルー。チョコレートの詰め合わせは、その色を基調としてシックな箱に詰められているのが特徴。また商品によっては芸術的でおしゃれな箱に入ったものもあり、外装も楽しめます。

ここで一つ注意する点が。日本人の方は特にラッピングなど見た目を気にするかもしれません。しかしオーストラリアのラッピング技術は、はっきり言って期待ができません。もし包み紙などが必要な場合は、それ専門もお店に持って行きベッド料金を支払って可愛くラッピングしてもらう必要があります。

オンラインで購入できる

ココブラックの店舗がない州(クイーンズランド、ノーザンテリトリー)。またお店から遠くに住んでいる人でもココブラックのチョコレートが食べられること。
ギフトボックスにメッセージを印刷してくれるもの嬉しいサービスです。こんなサービス他のお店では見たことがありません。
さらに購入の合計金額が$100を超えると送料無料になるのでおすすめ!

現地の人のKoko Black(ココブラック)への反応は?

実際にココブラックのチョコレートを食べた人の感想は気になりますよね?ツイッターと商品レビューサイトを覗いたものから、いくつかコメントをまとめてみました。印象としてはポジティブなコメントをしている人が多数でした。本当に皆さんの大好物な模様。

ポジティブなコメント

「今日の午後はダージリンティーとココブラックのチョコレート」
最高のアフターヌーンティーですね。

「2日間に何回ココブラックに行けるかな?」
月に1回も行けない僕からすれば、とても羨ましい。

「ジムのすぐ近くにココブラックがあります。今は何とか避けたけど、今日はコーヒーを飲みたいから来ちゃった。美味しそうなチョコがたくさん!行き道では我慢したけど、帰り道ではどうなるかな。」
ジムの横にココブラックがあるのはひどい。体だけじゃなくて、心も一緒に鍛えなければ。

「スパイシーペア(洋梨)チョコレートについてツイートするけど、ロックダウンでどこにも行けない気分をちょっとは和らげてくれるかな?」
スパイシーペアチョコレート。。。?想像力の乏しい僕には全くイメージすらできない組み合わせ。でも試してみたい。組み合わせの妙を探求するのはココブラックが最も重要視しているポイントですね。

「男性たちがココブラックの前で緊張しながら花束をもって並んでる。」
海外では日本とは反対で男性が女性にバレンタインデーの贈り物を贈るのが一般的ですね。

ネガティブなコメント

So as for the taste, it was average to say the least, mainly because of the majority of the coconut flecks and cashews stuff had set itself in the peak of the chocolate, causing a disturbing sensation of chocolate.

https://www.productreview.com.au/listings/koko-black-chocolate


「味に関してはよく言っても普通でしょう。どうしてかというと、ココナッツフレークとカシューナッツの味が強すぎてチョコレートの繊細さを邪魔しているから。」
評論家のようなコメントです。名のあるショコラティエの方なのでしょうか?確かにコンビネーションによっては、ついていけないことがあるのも事実ですが新しい組み合わせを探す楽しみはやめられません!

Koko Black(ココブラック)のこれ食べて!

ココブラックの商品は100種類を超えるので、実際に選ぶとなるととても難しい!ということで、僕が好きで、ほぼ毎回購入する商品を紹介します。

Salted caramel praline

まず見た目が可愛いいでしょ?黒いチョコの上に乗った塩の結晶が目を引きます。最近はトロトロのキャラメルが人気だったりしますが、中のキャラメルはしっかりしたタイプ。こちらの方が濃いキャラメルの味がするので、絶対におすすめです。

Spiced vanilla praline

ウイスキーやブランデーなどお酒とチョコレートの相性が良いのはあなたもよくご存じでしょう。僕は特にラムがチョコと相性が一番いいと思っているので、見つけると必ず手を伸ばすほど。オーストラリア産のラム酒を使用しているという点も試してみたくなる理由の一つです。

Mighty macadamia & wattleseed

一見、ただ板チョコにマカデミアナッツが入ってるだけなんですが、この板チョコがめちゃくちゃ美味しい!スーパーマーケットに売られている物とは比較にならないほど濃くて、上品にまとまっている感じ。均等にマカデミアナッツが分けられないのが難点ではありますが(笑)

ギフトにピッタリのKoko Black(ココブラック)の季節限定商品

ココブラックはギフトとして定評があるので、イベント毎に新しい商品が発売されます。イベントの前にはホームページにて紹介されているのでプレゼントのアイデアに役立ちますよ。

2021年のイースター休暇は4月4日から始まります。毎年スーパーマーケットで大量にチョコレートが山積みにされている光景を目にした人も多いはず。ココブラックももちろんイースター商戦には参加しており、かなり豪華なチョコレートの詰め合わせなどが販売されています。そこで僕のおすすめはこちら。


僕は30歳を過ぎて、さすがに10個や20個もチョコレートを食べられないので、少数精鋭で少しずつ幸せを噛み締めながら大切に食べたいと思います。小さなウサギが綺麗な箱に入っているのが何とも可愛らしくて食べるのがもったいない。

まとめ

Koko Black(ココブラック)のギフトにおすすめの理由を説明してきました。

  • 美味しい!
  • 多く人が楽しめる
  • 予算に応じた商品展開
  • チョコレートの箱も可愛い
  • オンラインショッピングで買える

これらの理由から新しい組み合わせを探しているチョコレート好きの人には絶対に試してもらいたいと思います。

詳細はKoko blackのホームページをご覧ください。

ベルギーはゴディバ
スイスはリンツの様な人気に並べるぐらい
オーストラリアならココブラックといわれるぐらい世界中で人気になってほしいと願っています。

チョコレートと言えばイースターでは定番のスイーツになっています。こちらの記事ではオーストラリア流イースターの過ごし方を解説しています。オーストラリアにいる日本人夫婦の過ごし方も書いてます。
イースターとは?オーストラリア流の過ごし方を紹介

この記事を書いた人
Dash

オーストラリアで看護師をしているスイーツ好き男子

☑略歴:日本で看護師になりオーストラリアに移住。メルボルンで大学を卒業し、そのままナースとして働き3年ほど経過。移住してから約10年が経過。

☑好きなもの:漫画宇宙兄弟、嫁のバスク風チーズケーキ、マインクラフト、パン作り、発酵食品づくり

タイトルとURLをコピーしました