PR

痛みを表すオノマトペを英語で言うには?【海外で看護師になるなら】

ワーホリ・留学準備

記事内に広告を含む場合があります。

痛みの表現方法てたくさんありすぎて、日本語でもややこしいすよね?

この、痛みを表現するときに使う「ピリピリする、ズキズキ痛い」などの言葉をオノマトペと言うんですけど、微妙なニュアンスを伝えるのにとても便利ですよね。

この記事では痛みに関するオノマトペを英語でどのように表現するか、その使い方を詳しく解説します。

痛みに関する表現方法を網羅しているので海外で、医療系の職業に就きたい人にとっては役立つ内容になっています。

痛みを表現する新しい方法を学んで患者さんとのコミュニケーションに活かしてくださいね。

もっと体系的に医療英語を勉強するなら、大学で使ってた教材がおすすめです。>>海外で看護師・介護士になるなら:Cambridge English for Nursingレビュー

オノマトペって聞きなれないけど何?

簡単に説明するとオノマトペとは、ある音や状態を表す言葉です。たとえば

  • ブンブン(ハチの羽音)
  • バシャッ(水が跳ねる音)
  • ゴロゴロ(雷の音)

物語や日常会話でも使われることが多く、言葉にリズムや生き生きとした感じを与えます。

言語によって表現方法を持っていて、その国の文化や環境を表しているのが面白いですね。

日本語なら感覚的にわかりますが、英語になるとちょっと雰囲気が変わるので慣れるまで大変です。

痛みを表現するオノマトペを英語で何と言うの?

痛みを表すオノマトペは英語でどのように表現するのか、いくつか紹介します。

「ヒリヒリする痛み」は英語で何?

ヒリヒリする痛みはBurning painといいます。

焼けるようなヒリヒリする痛みです。炎症や神経の損傷が原因で起こります。

He experienced a burning pain on his arm after touching the hot stove.
彼は熱いストーブに触れた後、腕にヒリヒリとした痛みを感じた。

「キリキリする」は英語で何?

キリキリするはSharp painです。突然で鋭い痛みを指します。

針で刺されるような、切れるような痛みのことです。

She felt a sharp pain in her stomach because of mental stress.
彼女はストレスの性でお腹にキリキリとした痛みを感じた。

「ピリピリする」は英語で何?

ピリピリするという感覚は tinglingと言います。

手足がしびれてピリピリする時には次のように表現します。

I have a tingling sensation in my hands and feet.
手足がピリピリする感じがする。

「ズキズキする」は英語で何?

Throbbingとは「ズキズキする」という意味で、脈動に合わせて痛みが強くなることを表します。

I have a throbbing pain on the wound.
傷口がズキズキ痛いです。

「ガンガンする」は英語で何?

ガンガンする痛みはpoundingと言います。

特に頭痛や他の部位の痛みが強くてリズミカルに感じられる時に使われます。

例えば、頭痛がひどい時には下のように言います。

I have a throbbing headache.
頭がガンガンする。

また、心臓が激しく打つ感じを表す時にも My heart is pounding.(心臓がガンガンする)などと使います。

「キリキリする」は英語で何?

キリキリするは急に強く突き刺すような痛みでStabbing painと言います。

There’s a stabbing pain in my side whenever I breathe deeply.
深く息を吸うたびに、私の脇腹に突き刺すような痛みがある。

他にも痛みの種類を英語で紹介

Dull pain:重くて鈍い痛み。強烈ではないが長引く。

  • There’s a dull pain in my back.
    背中が鈍く痛い。

Aching:長時間続く痛み。筋肉痛や関節痛によく見られる。

  • My legs are aching after the long walk.
    長い散歩の後で、私の足が痛む。

Shooting pain:体の一部を急に走る強い痛み。神経経路に沿って発生する。

  • She has a shooting pain down her leg.
    彼女は足に沿って撃たれたような痛みがある。

Tender pain:触ると痛む感覚。傷や炎症がある部位に見られる。

  • The area around the wound is very tender to touch.
    傷の周りは触るととても痛い。

Cramping pain:筋肉が収縮して起こる痛み。筋肉の過労や脱水で発生する。

  • He gets cramping pain in his muscles after exercise.
    彼は運動の後に筋肉にけいれんするような痛みを感じる。

「痛みの程度」は英語でどう表現するの?

痛みの程度を英語で表現するときには、さまざまな形容詞や表現を使います。

痛みの強さに応じたいくつかの一般的な表現を紹介します。

Mild pain:軽い痛み。
I have a mild headache.
軽い頭痛がする。

Moderate pain:中程度の痛み。
She is experiencing moderate back pain.
彼女は中程度の背中の痛みを感じる。

Severe pain:重い、激しい痛み。
He has severe pain in his knee after the fall.
転んだ後、彼の膝の痛みは激しい。

Unbearable pain:耐え難い痛み。
She is in unbearable pain from the injury.
その怪我から、彼女は耐え難い痛みに苦しんでいる。

これらの表現は痛みの強さや種類を正確に伝えるのに役立ちますよね。状況に応じて適切な表現を選んでみてください。

「痛み」は英語で色んな種類がある

痛みに関連する他の英語表現もいくつかあって、痛みの種類や状況により使い分けられます。

  • Discomfort :不快感。軽度の痛みや違和感
  • Ache:長引く、痛み。筋肉痛や関節痛など
  • Soreness:痛みや敏感さ。筋肉の痛みや腫れなど、特定の部位の痛み

「痛みを感じる」は英語で何て言うの?

「痛みがある」は英語で “I have pain” または “There is pain” と表現します。

痛みの場所や状況に応じて、「頭が痛い」は “I have a headache”、腰が痛い場合は “I have back pain” のように具体的に伝えることもできます。

「痛みがある」を他の方法で英語で表現すると以下のようになります。

  • I am experiencing pain.
  • I feel pain.
  • I’m in pain.

これらの表現に体の部位や痛みの感じ方や状況を付け足すと細かく伝わりやすいですね。