PR

ホームステイで喜ばれるお土産13選!オーストラリアへは100均商品にはない魅力を持っていくべし

ホームステイ

オーストラリアでホームステイが決まったけど、どんなお土産を持っていくべきか迷いますよね?

ボクもその経験があります。特にオーストラリアは日本と文化も違うし、何が喜ばれるのかなかなかわかりません。

テキトウに持って行くと微妙な反応だったり、相手を困らせる可能性もあるので難しいところ。

この記事では失敗しないお土産選びのコツと、オーストラリアで特に喜ばれるアイテムを詳しく解説します。

ツイッターで下のような投稿をすると、たくさんのアイデアを頂いたので一緒に紹介させてもらいます。

喜ばれるお土産を渡してホストファミリーと打ち解けるのも早くなり、ホームステイがもっと楽しいものになりますよ。

国際看護師の英語学習の秘訣&必須教材:25歳の挑戦から現地の仕事ゲットまで

オーストラリアのホームステイでは100均のお土産をおすすめしない

いいんですよ。

お土産なんてこちらの気持ちを表すものなので、元気に挨拶できれば相手も悪い気はしません。

そうは言っても「一応何か持って行きたいな」という人、オーストラリアでのホームステイ土産に「100均の商品」を持っていくのはオススメしません。

その理由を紹介します。

各都市にダイソーが2、3店舗ある

日本の大手の100均と言えばダイソーですが、オーストラリアの主要な都市には2、3店舗あります。

つまりほとんどの商品が現地で手に入るので、100均で買ったお土産が現地で買える可能性は高いです。

これだとガッカリされて、せっかくお土産として持って行ったのに残念ですよね。

それに100均の商品で相手が喜ぶものってなかなかハードル高くないですか?

ボクはそういったセンスが全くないのでそれなりの値段を支払って、当たり障りのない物を買いました。

日本の商品もけっこう手に入る

ちなみに日本製の食品なんかもオーストラリアのスーパー、アジアングローサリー(日本の商品を扱うお店)でも購入できます。

  • 食器
  • お菓子
  • 日本っぽい置物

このようなものはそれほど珍しくはありません。

100均で買える一般的なお土産は現地でも簡単に手に入るので新鮮味がないかもしれませんね。

どうしてもというなら手ぬぐいは…?

とは言え「どうしても100均のものをお土産にしたい!!」という強い想いがある方におすすめするなら手ぬぐいをおすすめします。

手ぬぐいのいいところは、

  • 軽くてかさばらない
  • 日本らしい和柄が多い
  • 何といっても1つ100円

このようにお土産として持って行きやすいというメリットがあります。

また手ぬぐいはけっこう便利に使えて、タオルやプレゼントのラッピング、料理の際の布としても使えるのでとても便利です。

以前に帰国するときに知り合いが「どんな柄でもいいから手ぬぐいを10枚ぐらい買ってきて」と頼まれ、その凄い圧に気押されて買い集めた経験もあります。

昔ホームステイ先のママに筆ペンあげたらめちゃくちゃ喜ばれました
あと日本ぽい手ぬぐいも好評でしたね〜

Shampooさん

手ぬぐいを渡して喜ばれたようですね。筆ペンもオーストラリアで売ってる所を見たことがなし、日本ぽくていいかも。

オーストラリアで喜ばれるホームステイのお土産13選

ココブラック通販の条件

オーストラリアでホームステイをするに喜ばれるお土産のアイデアを13個ご紹介します。

個人的な経験と上で紹介したツイッターで頂いたコメントを参考にさせてもらいました。

抹茶味のお菓子

日本の抹茶は世界中で人気です。特にお菓子は子供から大人まで幅広く喜ばれるのでハズレはないでしょう。

ボクの推しは「月化粧の抹茶味」です。前回一時帰国したときにたまたま食べて、しっかりと抹茶味がして口どけも良くかなりのお気に入り商品です。

茶の菓はどんなモノよりも他の抹茶のお菓子より好評でした!

Kaにんひぇんさん

「茶の菓」というお菓子もおすすめしてもらったんですが、美味しそうで口コミも良かったのでボクが一時帰国するときに食べたいと思います。

ちなみにキットカットはスーパーでも売っているので、わざわざ持って行かなくてもいいかもしれません。

緑茶

抹茶と一緒に、緑茶も「green tea」としてボクが想像していた以上に人気があります。

  • モーニングティー
  • アフターヌーンティー
  • サパー(寝る前のティータイム)

とくに1日にお茶をする回数が多く、温かい飲み物を飲む習慣が多いオーストラリアでは緑茶は人気があるので喜ばれますよ。

ヨックモック

価格の確認はこちらから

こちらもツイッターで教えてもらったお菓子です。

日本で贈答用のお菓子として人気のヨックモックですが、オーストラリア人にもかなり人気があるようです。

ヨックモックはとにかく評判が良いですね。私の会社でも「これは美味い!」とオーストラリア人が鬼滅の煉獄さんになってました

いまみゆ@Sydneyさん

ヨックモックとか白い恋人的なお菓子がいいとおもいます~!

まおさん

ちなみのこのロール型のお菓子が「シガール」という名前があったのは、この記事を書いてるときに知りました。

ロイズのポテトチップチョコレート

価格の確認はこちらから

ロイズと言えばこの「ポテトチップスにチョコがコーティングされたお菓子」ですが、これもオススメしてくれる人がいました。

ロイズのチョコレートポテチを成田空港で購入しましたが、「これはとても中毒性がある…手が止まらない…」とホストファミリーにとても喜ばれました。

めこみさん

関空でロイズのチョコも買いました!

さわ田@豪州さん

やっぱりオーストラリア人も「甘い・しょっぱい」の無限ループから抜け出すのは難しいようです。

ふりかけ

日本でも人気の「ふりかけ」はオーストラリアでもファンが多いのご存じでした?

ボクが滞在していたホストマザーも永谷園の大人のふりかけを常備していましたし、知り合いにもふりかけ好きがいます。

ホストマザーいわく「これだけでご飯の味を色々変えられるから大好き」とのこと。

日本の味を理解してもらうのは嬉しいですね。

梅酒

日本食レストランで働いていた経験から、日本酒はオーストラリアでもとても人気。

とくに梅酒は日本独特のお酒なので、よく出ていました。

ただしアルコールの持ち込みには制限がある上、持ち運びにも少し気を使うことは注意が必要です。

持ち込み物品の注意点に関しては後で詳しく解説します。

魔法瓶

価格の確認はこちらから

オーストラリアにももちろん水筒は売ってますが、日本の製品ほど機能が良いものはありません。

冷たいものは冷たく、温かいものは温かい状態を長時間保てます。

職場にマイボトルを持って行く人も多いので絶対に喜ばれます。

わが家でも愛用してます。保温時間が長くてめちゃくちゃいいです!

食品用のラップ

これもツイッターで教えてもらった商品。

新鮮さを出すなら、日本のメーカーのサランラップとかいいかなって思いました!こっちのサランラップめちゃくちゃ切れにくいので、喜ばれる&話題性ありで良いかもです!

Erika Fujiwara

クレラップを持って行った友人がいました!

meiさん

確かにオーストラリアのラップって薄くて、皿に引っ付きにくくて扱いづらいんです。

ボクは思いもつきませんでしたが、かなり実用的で良いアイデアだと思います。

めぐりズム

これは日本独特の商品で温まるパッドを含んでいます。

寒い季節や疲れた時に使え日本人ならではの優しさが感じられるお土産です。

ナイトミン 耳ほぐタイム

オーストラリアにも睡眠環境にこだわる人は多く、一時帰国からのお土産で喜ばれるのがこの温かくなる耳栓です。

温暖なイメージのあるオーストラリアですが、冬はしっかりと寒くなるため安眠グッズも喜ばれるみたいですね。

目薬

目薬は日本製のものが高品質で現地ではなかなか手に入らないものです。

長時間のパソコン作業や、スマホの使用で目が披露している現代人には非常に便利なアイテムとなります。

シェアメイトは「オーストラリアの目薬はスーッとする成分が入ってない」と言って日本旅行のときに買い込んでいました。

文房具

価格の確認はこちらから

日本の文房具は高品質で有名。特に書きやすさにこだわったボールペンは人気です。

バラマキ用にもできて、かさばらないのでおすすめ。

看護師は仕事柄よくメモを取るので、ジェットストリームをあげるとめちゃくちゃ喜ばれます。

こっちのポケットティッシュは鼻の下赤くなるしペン類も書けるだけで書きやすさとか考えてないです。日本感ゼロだけど、使ってるうちに「これ、凄いんじゃないか?」と思ったらしいです。

さおりさん

ボールペンも丈夫で書きやすいので人気でした!ご参考までに…

ハイジニーナハイジ

子供(女子2人)がいたので, 模様とかアクセサリーのついた鉛筆とかもあげました〜.

みのりさん

やっぱり日本の商品の良さは伝わるものなんですね。日常で使えるから貰っても困らないところがいいですよね。

日本っぽい小物

やっぱりお土産の定番と言えば、その国の特産というか、その国を感じるものですよね。

フォロワーさんの声からもわかるように、ホストファミリーにも喜んでもらえるようです。

私は日本のお菓子と和柄のミニポーチ渡しました☺喜んでもらえましたよ☺

ゆか

色々あげたけど一番受けたのは和風なテーブルマットですかね。

Yuko Frostsさん

風呂敷とか?!扇子

かんちゃんさん

ボクのおすすは「こけし」です。

見た目が可愛く日本らしいので一部の親日家の人にはとても人気があります。

なぜこけしを推すかと言うと同僚に「日本に帰るならお土産にこけしを買ってきて。」とお願いされるほどの熱狂的なファンがいてちょっとビビったのを思い出しました。

ただホストファミリーの好みが事前にわからない場合はちょっとした賭けになるかもしれませんね。


以上がオーストラリアでのホームステイにおすすめのお土産10選です。

選ぶ際のポイントは現地の気候やホストファミリーのライフスタイルに合わせることです。

各アイテムは日本っぽさがありながら高価ではないものばかりで、ホストファミリーに喜ばれる可能性が高いです。

ホームステイのお土産選びで注意する3つのこと

ホームステイのお土産を選ぶ際に気をつけるべきポイントをご紹介します。

高いものは必要ない!予算は3,000円ぐらいでいいんじゃない?

ホストファミリーに喜ばれるお土産は高価な必要はありません。

こんな意見どうかと思うけど…お土産持ってきた!気遣いできる!ってのが示せたらええとおもてるんで…爆!100均ででなんかみつくろって、ラッピングしたらええと思います

さわ田@豪州さん

米菓子はグルテンフリーだし。ゴマ入りはアレルギーなどの心配がある家庭では敬遠されるので、プレーンな醤油せんべいかのりせんべいが⭕️。

蔵織さん

重要なのは相手の文化や好みに合わせて考えることで「感謝の気持ち」を表すことですよね。

予算は3,000円もあれば十分です。上で紹介した商品なら気軽に渡せて喜ばれると思いますよ。

持ち込みルール違反で罰金も…

オーストラリアに持ち込む商品には厳しいルールがあります。

お土産には制限や禁止されているアイテムがあるので注意が必要です。

例えば

  • 卵製品
  • 生もの
  • ナッツ類

このような食品は特に厳しくチェックされます。違反者には没収されるだけでなく罰金の可能性もあるので事前に現地のルールを調べ、違反しないように注意が必要です。

オーストラリアへの持ち込み品のルールについてはオーストラリア大使館のホームページで詳しく確認できます。

持ち込む前にしっかりとチェックしましょう。

置物・服など個性が出るものは避けるのがベター

お土産として個性的なアイテム(置物や服など)を選ぶ場合、ホストファミリーの好みに合わない可能性もあります。

個人的には「おしゃれな物を選ぶセンス」は全然ないので、怖くて渡せません。

一般的に「あっても困らないもの」、例えば食べ物や文房具などを選ぶ方が無難ですね。

特に子供がいる家庭にはお菓子などを持って行くと喜ばれます。

奇をてらったものを持って行っても受け取った方も逆に気を使ってしまいますよね。

オーストラリアのホームステイのお土産は100均以外のもので

ホームステイのお土産は何にすればいいか迷ってしまいますが、よっぽど選ばない限り100均商品ではでちょっと微妙な反応が返ってきそうです。

でもお土産の選び方として高価なお土産は必要ありません。予算3,000円もかからずに充分に喜ばれるものがたくさんあります。

  • チョコレート
  • 抹茶味のお菓子
  • クッキー

個人的には上のようなお菓子がベストだと思っています。

またオーストラリアへの持ち込みには規制があるので確認してから選びましょう。

お土産が喜ばれるとホームステイをいい印象で始められます。大丈夫です!何を持って行くかよりも、持って行こうという気持ちが絶対に伝わるはずです。

紹介した商品が参考になれば嬉しいです。