オーストラリアでアシスタントナースになるためのロードマップ!給料や費用など必要な情報をすべて紹介

オーストラリアでアシスタントナース
  • オーストラリアでアシスタントナースにどうやったらなれるの?
  • 実際に働いてる人の話を読みたい
  • アシスタントナースはどのぐらい稼げるの?

オーストラリアでアシスタントナースになる方法探しても、実際に働いている人が解説している記事を見つけるのは大変です。

ボクは日本で看護師として5年間働いた後オーストラリアに留学。アシスタントナースとして介護施設に就職しました。現在は系列の施設で看護師として働いていています。

この記事で「経験者のリアルな声を探している」あなたに向けてオーストラリアでアシスタントナースになる方法、給料や必要な資格などをまとめています。

この記事にはアシスタントナースの基本情報がすべてそろっているので、これ以上情報収集に時間を費やす必要はなくなります。

日本の介護福祉士とオーストラリアのアシスタントナースの違いを表にまとめてみました。詳しくは本文を読んでください。

オーストラリア日本
必要な資格Cert III in
Individual Support
介護福祉士
国家資格
役割身体介護
生活支援など
身体介護
生活支援など
業務内容日常生活の介助
条件付きで医療行為
日常生活の介助
働ける場所病院
介護施設
施設派遣など
介護施設
訪問介護
デイサービスなど
平均年収約$50,000
(約450万円)
2023/1月時点
約346万円
キャリアアップ准看護師EN
正看護師RN
実務者研修
社会福祉士
ケアマネージャー
厚生労働省・介護従事者処遇状況等調査結果
Seek:Assistant in Nursing salary

オーストラリアのアシスタントナースとは?

オーストラリアで「アシスタントナース」とは、看護師を補助する役割のスタッフです。日本の介護福祉士とほとんど同じ仕事をします。

アシスタントナースは看護師の指示で患者さんのケアを行い自身は診断や治療ができません。他にも患者の様子を観察、記録、報告するのが主な仕事。

施設によっては利用者さんへの薬剤の投与や、日常生活の介助、清掃、その他の看護に関係した仕事を行います。

ちなみに英語では「Assistant Nurse」ではなくPCA(Personal Care Assistant)、またはAIN(Assistant in Nursing)と呼んでいます。その他にも

  • PCW (Personal Care Worker)
  • PSW (personal Service Worker)
  • DCW (Direct Care Worker)

オーストラリア国内でも地域や施設によって名称が変わって少しややこしいんです。ボクが住んでいるメルボルンではPCA・PCW、シドニーではAINと呼ばれています。

留学エージェントが「アシスタントナース」と呼び始めて広まっているようです。きっと簡単にイメージしてもらえる名前だからでしょうね。

このようにたくさんの名前がついていますが、基本的な仕事の内容はほとんど同じです

この記事ではわかりやすく説明するために馴染のある「アシスタントナース」という表記で統一します。Cert III in Individual Supportの資格で働ける職業のことを指しています。

オーストラリアでのアシスタントナースになる条件

オーストラリアでアシスタントナースになるために必要な資格は「Cert III in Individual Support」です。

入学には語学力を証明も求められます。これは安全に仕事を行い利用者や同僚とのコミュニケーションをとるためです。メルボルンでも有名なBoxhill Instituteを例に見てみると、

  • IELTS :Academic Overall 5.5
  • TOEFL:Overall Score 49
  • PTE: Overall 42

Boxhill Institute: English Language Requirements

オーストラリアでアシスタントナースになるための年齢制限はありません。多くのTAFEなどの学校では入学するには高卒以上の学歴が必要になります。

しかし実際にボクの同僚には50代(年齢は聞かないのでわかりませんが、)になって初めてアシスタントナースの資格を取って就職したスタッフもいます。

ビザや生活のことを考えるとハードルはいくつかありますが、年齢に関係なくオーストラリアでアシスタントナースになることは可能ですね。

アシスタントナースの業務内容

施設で働くアシスタントナースの業務内容は、利用者さんのの支援や介助をするのが主な仕事です。具体的には、以下のような業務が含まれます。

  • 利用者のケア:清掃、着替え、移動などの手伝い
  • 看護師のヘルプ:看護師の医療行為を補助
  • 薬剤投与:カルテに従って投薬する
  • 記録:健康状態の記録、報告
  • コミュニケーション:利用者、家族、看護師と情報交換
  • 緊急時の対応:看護師に報告、緊急時の補助

もちろん職場によって少しずつ違いますが、基本的には看護師の指示のもと利用者さんの生活を支えるのがメインです。

施設によっては与薬や血糖測定など日本の介護福祉士が行わないこともしますが、事前にトレーニングを行ってから実施するので、安心してくださいね。

アシスタントナースの仕事の流れ

  • 07:00 申し送り
  • 07:15 シャワー介助、更衣介助、移動介助
  • 08:00 朝食介助
  • 08:30 シャワー介助、更衣介助、移動介助
  • 10:00 モーニングティー提供
  • 10:30 休憩(15分)
  • 11:00 移動介助
  • 12:00 昼食介助
  • 13:00 休憩(30分)
  • 14:00 排泄介助
  • 14:30 アフターヌーンティー提供
  • 15:00 勤務終了


日本との違いはおやつの時間が2回あること。オーストラリア人は本当にティータイムが大好きです。

入浴ではなく、シャワーを浴びるのも違いの1つです。

よほどのことがない限り残業はありません。これも日本の働き方とは全く違う点ですね。

アシスタントナースの給料は?

アシスタントナースの給料は個人の条件によって給料は大きく変わります。その条件とは

  • 経験年数
  • 勤務先
  • お住いの地域
  • 勤務形態
  • 働く曜日

オーストラリアで有名な求人サイトのSeekindeedによるとアシスタントナースの時給は$25~30です。平均年収は、約50,000ドルから80,000ドル程度(約450万円~720万円)です。

政府の統計によると2019-2020年のオーストラリアの平均年収が$52,339(約470万円)なので中の上といったところでしょうか。わが家は2人だったのでそこまで苦しさはありませんでした。

オーストラリアの最低賃金が$21.38(約2,000円)です。(2022/08時点)これに比べると高いのでしっかり稼ぎたい人にもおすすめの職業ですね。

ボクは留学当初、英語が話せず時給$12の日本食レストランで働いていたので、これから来る人はアシスタントナースになってどんどん稼いでほしいと思います。

収入が増えると海外での生活も安定してきます。それとともに心も安定してくるので1人で来てストレスを抱え込みやすい環境にある留学生には特におすすめです。

オーストラリアでアシスタントナースになるメリット

ボクが感じたオーストラリアでアシスタントナースになるメリットは3つあります。

  • 働きながら英語を学べる
  • 学生の間も経験のブランクを作らない
  • 看護師になるための経験を積める

働きながら英語を学べる

留学生にとって英語のレベルを上げることは大きな課題になります。

しかしアシスタントナースなら仕事をしながら英語を使うのでレベルは確実に上がります

もちろんアシスタントナースになる時点でIELTS5.5の実力がいるので、その段階までの自己学習は大切ですね。

ボクは一般英語クラスで勉強していましたが実際の医療現場に馴染むのはとても大変でした。

医療英語を個別で専門的に教えているHLCAなら英語学習の初心者でも挫折しないサポートがたくさんあります。

HLCAでボクの体験と他の利用者の口コミをまとめましたので参考にしてください。
>>現役豪ナースがHLCAの口コミ!医療英語オンラインスクールの校長に直撃インタビュー

留学中も経験のブランクを作らない

現在看護師として働いている人にとってはアシスタントナースになることは留学期間のブランクを防ぐのにも役立ちます。

全く関係のない日本食レストランで働くよりもメリットはあるでしょう。

ダッシュ
ダッシュ

大学の実習で採血するとき(臨床を離れてから約3年経過)は緊張で冷や汗たっぷりかきました。現場を離れると恐いですね。

また実際に看護師や患者と関わることでオーストラリアの医療システムも分かるメリットは看護師を目指している人にとって魅力的ですよね。

看護師になるための経験を積める

看護師と一緒に働くこともアシスタントナースになるメリットの1つです。

看護師がどのような働き方をしているか、どのように関わっているかをすぐ近くで見れるのは将来役に立つでしょう。

  • 看護師と患者
  • 看護師と医者
  • 看護師と管理者

この国でどのように看護師として振る舞うべきか学べるのはうれしいですね。

どんどんコミュニケーションを取って自分の学びを積み上げていってください。

アシスタントナース資格の取り方と費用

オーストラリアでアシスタントナースとして働くにはCertificate III in Individual Supportが必要です。これらの大学、TAFE(日本でいう専門学校)で取得すできます。

アシスタントナースになる学校は沢山ありますが、ここではボクが通っていたものを紹介します。

Melbourneのシティから電車で20分ほどの場所にあるNew Future Trainningという学校です。

そんな時に他の留学生に教えてもらって大学の夏休みの間に資格を取れました。

  • Certificate III in Individual Support-Classroom based
  • 期間:26週間(最短)
  • 費用:$900
  • 実習120時間

この学校ではビザを発給してもらえないので、ワーホリや大学で学生ビザを既にもっている人が入学できるようです。詳しくは直接確認してみてください。

学生ビザが必要な場合はCricos登録されているTAFE、メルボルンなら大学やTAFEに通って資格を取ることになります。

同僚たちが通っていた有名なTAFEはいくつかあります。

  • Holmesglen
  • Box Hill Institute
  • Melbourne Poly Technic

例えばHolmesglenの卒業生はウチの施設でも多いですが、

期間:週2日、6カ月間
実習あり
学費:$8,456
入学前の語学テストあり

この様な条件で資格を得ることができます。

ビクトリア州のサイトからTAFEを探せるので試してみたください。

アシスタントナースの資格でできること

アシスタントナースは介護施設だけではなく色んな場所で働けるので簡単に紹介します。

ボクは施設に就職する前に派遣のアシスタントナースとして働いていたので紹介します。

  • 認知症専門の介護施設
  • 病院のアシスタントナース
  • 病院で不穏患者の観察

認知症専門の介護施設

認知症の症状が一般の介護施設に適応できない場合に入る施設があります。

ボクはそこでPCAとして仕事を行いました。

業務の内容は全く同じですが、なかなか大変な仕事です。対象者の状態の違いから関わり方に工夫が必要です

病院のアシスタントナース

一般の病棟に配属され清拭やベッドメイキング、移動などの補助をしていました。

仕事の内容としては介護施設とほとんど同じですね。

実際に看護師と一緒に働くと病院がどう機能してるか理解できたので、とても貴重な経験でした。

病院で不穏患者の観察

病院で患者が不穏状態に陥った場合、看護師がつきっきりで見ることはできません。

日本ではそのような場合でも何とかやりくりしますよね。

しかし、オーストラリアでは患者の安全を守るためにアシスタントナースを1人つけて観察します

ダッシュ
ダッシュ

本当に不穏患者さんの横に座って観察してるだけ。。落ち着いてる間も見てるだけ。割のいい仕事ですが退屈。特に夜間が大変。

基本的には患者と日常会話をして気をそらしたり、看護師が何か処置をする場合は手伝うと喜ばれます。

ワーホリでもアシスタントナースになれるけど…

「ワーホリでも看護留学ができる」と紹介されているものを見にしますが注意が必要です。

なぜなら上でも紹介したように学校にもよりますが、アシスタントナースになるためには3~6カ月の期間がかかります。

その後スムーズに仕事を探せたとしても最長で9カ月しか働けません

仕事探しの難しさに関しては【現役豪ナースが解説】オーストラリアに看護師留学が難しい3つの理由と対策をご覧ください。

しかも英語力などの理由で入学が遅れた場合、さらに働く時間は短くなります。

学費も決して安くはないため、本当にやる意味があるのか考える必要がありますね

アシスタントナースでは永住権はもらえない

オーストラリアで看護師になろうとしてる人で必要なのは永住権ですよね。

そのためにはオーストラリア政府が必要としている職業リストに入っていることが重要です。

どの職業が含まれているかはこちらのリストを参考にして下さい。

残念ながらアシスタントナースは入っていませんので、永住権を取る助けにはならないんです。

海外で働くことに興味がある人には魅力的な仕事かもしれませんが、ボクのように看護師を目指す方はご注意ください。

オーストラリアはアシスタントナースが不足してる

以前この様なツイートをして反響をもらったので、オーストラリアで「アシスタントナース」になる方法をブログ記事でしっかりとまとめようと思いました。

本当に人が足りなくて大変なんです。コロナが落ち着いたとは言え現場はまだ人手不足。上司も「採用の基準をちょっと下げてでも、とにかく人に来てほしい」と言っていました。

もっとたくさんの人がオーストラリアでアシスタントナースになろうと思えるように記事をまとめました。

【体験談】アシスタントナース時代に受けたカルチャーショック

アシスタントナースを始めるまでは日本人以外の人と働くことはなかったので、いい意味でも悪い意味でもショックを受けました。

たくさんありますが特に印象的だったもので良かったことから説明します。

労働環境は日本より快適…かな?

日本では職場で怒られることはよくありますが、オーストラリアではほとんどありません。

怒って何かを強制することはリーダーとしての指導力に問題があることを自ら証明していると考えられているようです。

またスタッフは院内教育のおかげでハラスメントなどの意識・知識もしっかりしているので職場の環境は日本より良いです。

また日本ではサービス残業なんて当たり前ですがこれもオーストラリアではありません。定刻になったらみんなササっと帰ります。

ダッシュ
ダッシュ

残業というか、5分前から荷物を用意するぐらいなので残業はありません。居残りをしているとタイムマネジメントができていないと判断されてしまうんです。

冒頭からここまではお給料や働き方など比較的、日本よりも良いことを説明してきましたがもちろん悪い面も。

文化の違いにストレスが溜まる

日本人は勤勉だと言われるのはよく聞きますが、これは真実です。

ボクも同僚の働きブリを見て「やる気がない。もっと気を配って働いてほしい」とイライラしていました。

なぜちゃんと働かないの?

これは日本人のルールで彼らを見ていたから、こんな反応になってしまいました。

もちろん仕事に問題がでるほどの働きブリならしっかりと対応しますが、最近では「多少のことは考え方が違うから仕方ない」と思えるようになりました。

異世界では諦めも肝心です。

言葉の壁は思った以上に高かった

ボクがアシスタントナースとして働き出した初日のこと。

同僚のアシスタントナースが話しかけてきているのに何を言っているかほとんど聞き取れませんでした。

「これはさすがにヤバい…会話ができなきゃミスる」と思って何度も聞き返しながらコミュニケーションをとっていました。

日本の看護師経験から、やるべきことは何となくわかるのに言葉が通じないので正確に理解できない怖さが常に付きまとっていました。

やはり必要なレベルの英語をクリアするだけでなく、もっと勉強が必要だと痛感しました。

オーストラリアの看護師留学ならアシスタントナースを

オーストラリアに看護留学をする人にとって、アシスタントナースは将来を見据えた良い選択肢です。

日本の介護福祉士とほとんど同じの業務内容経験のある人なら大丈夫!

この記事では現地でアシスタントナースの

  • アシスタントナースになるために必要な情報
  • オーストラリアでアシスタントナースになる方法
  • 日本とオーストラリアの違いと、カルチャーショック


これらについて体験談を交えて解説しました。

オーストラリアでアシスタントナースになろうとしている人の参考になれば嬉しいです。

現役豪ナースがHLCA(ハルカ)の口コミ!医療英語オンラインスクールの校長に直撃インタビュー
医療英語オンラインスクールHLCAはサポート力の高さで生徒の満足度が高いのですが、何をしてくれるのか詳しく知りたくありませんか?この記事ではHLCAの生徒の反応を海仲校長にインタビューしてまとめています。これまで英語学習で挫折したことがあるのならHLCAの無料体験レッスンを1度受けてみてください
【誰も教えてくれない】オーストラリア看護師の年収は?給料アップの秘訣も解説
オーストラリア看護師の年収は高い留学費用を払うほどなの?と疑問を感じたことはありませんか?2021-2022年のオーストラリア看護師の平均年収は約760万円でしたが、この記事ではその内訳と年収アップの方法を解説します。オーストラリアで看護師として働く魅力はお金以外にもたくさんありますよ
【現役豪ナースが解説】オーストラリアに看護師留学が難しい3つの理由と対策
オーストラリアで看護師になるのって難しそうですよね?この記事では海外でナースになるハードルを3つ紹介します。それぞれの問題に対してどのように対策を立てるか解説もしています。体験談を通して留学を目指している人に「現実はこんな感じだよ」とリアルな部分を知ってもらえればと思います
オーストラリアの看護留学費用とは?アラサー夫婦が社会人で渡豪
オーストラリア看護留学の費用が5年間でどのくらいになるか知りたくありませんか?この記事ではアラサー夫婦の留学費用約1,400万円の内訳を解説します。これから留学を考えている人には貯金の目途が立ち、どんな留学生活を送っていたのかという参考にしてもらえます
タイトルとURLをコピーしました