オーストラリアでアシスタントナース(PCA)になる!仕事内容を経験者が解説

メルボルン アシスタントナース 仕事Job

オーストラリアでアシスタントナースとして働こうしていますか?

経験のない人にとってはイメージが沸きにくく、下のような疑問があるのではないでしょうか?

  • どんな仕事をするの?
  • 日本の介護福祉士との違いは?
  • どんなことができないとダメなの?


この記事では実際に働いていた経験を生かして、アシスタントナースがどのような職業なのかを説明します

特に看護師になりたい人には現地の企業で働くメリットはたくさんあります。

選択肢の1つとして考えてみて下さいね。

PCAの仕事を探しているけどなかなか見つからない方は、こちらの記事でもう少し深く説明しているので一緒に参考にしてください。

>>【5つの重要点】オーストラリアでアシスタントナース(PCA)の職探し

アシスタントナース(PCA)とは?

case study

アシスタントナース(PCA)とは専門技術と知識を生かし、介助が必要な利用者に対して身体的・精神的ケアを行う職業。日本の介護福祉士とほぼ同様の業務を行い利用者の日常生活を介助する。

仕事を探している人は目にしたことがあるかもしれませんが、施設によって名称が変わって少しややこしいんです。

  • PCA (Personal Care Assistant)
  • PCW (Personal Care Worker)
  • PSW (personal Service Worker)
  • AIN (Assistant in Nursing)
  • DCW (Direct Care Worker)


このように別の名前がついていますが、基本的には仕事の内容は同じなので安心してください。

シドニーではAINと呼ばれ、留学エージェントにはアシスタントナースと呼ばれています。

アシスタントナース(PCA)の仕事内容

簡単に説明すると、仕事内容は日本の介護福祉士とほとんど一緒です。

施設で働くPCAの場合は、

  • 身体介助
  • 食事介助
  • 移動介助
  • 排泄介助
  • 更衣介助など


もちろん職場によって業務内容は少しずつ違いますが、基本的には看護師の指示のもと利用者の生活を助けることが仕事の本質です。

施設によっては与薬、血圧測定、血糖測定など日本の介護福祉士が行わないことも業務の範囲になる場合があります。

しかし事前にトレーニングを行ってから実施するので、安心して経験を積むことができます。

PCAの仕事:1日の流れ(朝のシフトの場合)

  • 07:00 夜勤から申し送りを受ける
  • 07:15 シャワー介助、更衣介助、移動介助
  • 08:00 朝食介助
  • 08:30 ベッドメイキング
  • 09:00 排泄介助
  • 10:00 モーニングティー
  • 10:30 休憩(15分)
  • 11:00 記録
  • 11:30 移動介助
  • 12:00 昼食介助
  • 13:00 休憩(30分)
  • 14:00 排泄介助
  • 14:30 アフターヌーンティー
  • 15:00 勤務終了


日本との違いはおやつの時間が2回あること。オージーは本当にティータイムが大好き。

入浴ではなく、シャワーを浴びるというのも違いの1つです。

勤務時間は4時間、6時間、8時間と分かれており残業をすることはありません
本当にありません!

これも日本の働き方とは全く違う点ですね。

オーストラリアで働く僕の素直な意見をまとめてみました。

関連記事
>>【体験談】オーストラリアで就職した看護師のリアルな感想

アシスタントナース(PCA)の活躍の場はたくさん

Im free now

僕が働いていた時期には、色んな場所で働くことができたので簡単に紹介します。

認知症専門の施設のPCA

認知症は高齢者にとって頻出する健康問題ですが、もちろんオーストラリアでも多くの人が悩んでいます。

特に症状が強く、混乱、性格の変化などで攻撃的になり一般の介護施設に適応できない場合に入る施設があります。

そこでPCAとして仕事を行いました。

業務の内容は全く同じですが、対象者の違いから関わり方に工夫が必要です。

病院のPCA

一般の病棟に配属され清拭やベッドメイキング、移動などを看護師の指示のもと働くという仕事です。

仕事の内容としては介護施設とほとんど同じですね。

実際に看護師と一緒に働くと病院がどう機能してるか理解できたので、とても貴重な経験でした。

病院の不穏患者の観察

病院で患者が不穏状態に陥った場合、看護師がつきっきりで見ることはできません。

日本ではそのような場合でも何とかやりくりしますよね。

しかし、オーストラリアでは患者の安全を守るためにPCAを1人つけて観察するんです。

実際に患者のベッドの横に座って危険行為がないか観察するというもの。

本当に横にいて見守るだけの仕事。。。

割のいい仕事ですが、退屈になります。特に夜間が大変。

患者と日常会話をして気をそらしたり、看護師が何か処置をする場合は手伝と喜ばれます。

オーストラリアでアシスタントナース(PCA)になるメリット

recommendation

オーストラリアに来てPCAとして働くメリットは5つあります。

  • 給料がいい
  • 海外で働ける
  • 就職に有利になる
  • 働きながら英語を学べる
  • 看護師になるための実践経験を積める

給料がいい

オーストラリアの最低賃金を知っていますか?$19.84(日本円で1,600円)です。

ワーキングホリデーや留学生の多くが生活費、学費のためにアルバイトをするでしょう。

特に最初は言葉の壁により日本食レストランで働く人がほとんど。

中には最低賃金よりも低い給料しか払わない日本食レストランがあることです。

生活費や学費を稼ぎたいのに、働きやすいという理由で日本食レストランで働き続けるのはおすすめしません。

病院や介護施設などではそのような問題を聞いたことがありません。

できるだけ早い段階で、正規の給料をもらえる職場を見つけることをお勧めします。

海外で働ける

英語環境の中で働いてみたいと思っている人にとっては、PCAとして働くことは大きな目標の一つになるでしょう。

カフェなど日本語を使わずに働く場所もありますが、介護施設のように会話をしながら働く経験は貴重です。

同僚、上司、利用者、全てが日本人以外の人に関わるので、実際に海外に来た実感を持てますよ。

学生の間も経験のブランクを作らない

PCA として働くことは留学生として勉強している間も、常に現場の経験を続けられるメリットがあります。

また実際に患者と関わることでオーストラリアの医療システムの理解もできます。

その他にも看護師として働く上で必要な知識も手に入るので、就職時にスムーズに働き始めることができます。

与薬や血糖測定などPCAとしてできることもあるので、慣れておくことは非常に有利です。

働きながら英語を学べる

留学生にとって英語のレベルを上げることは大きな課題になります。

でも大丈夫!
PCAなら仕事をしながら、英語を話すので英語のレベルは嫌でも上昇します。

勉強はするのは変わりませんけどね。

オーストラリアに来ている他国からの留学生ってペラペラ話している印象があります。

彼らと語学力で対等になるためには英語を使う機会を増やすということは本当に大切です。

看護師になるための経験を積める

上でも書きましたが、PCAは看護師の指示のもとで働くので、常にどのように動いているかを傍で見ることができます。

看護師と患者、看護師と医者、看護師と管理者など、この国でどのように看護師として振る舞わなければいけないか学べます。

実際に経験できる場所は貴重です。

ほとんどのナースは質問したら答えてくれるので、どんどんコミュニケーションを取って自分の学びを積み上げていってください。

アシスタントナース(PCA)に求められる能力

下の画像は実際にあったアシスタントナースの求人広告です。これを見ることでアシスタントナースとしての仕事内容がわかります。

job description

①ケアプラン、文化、個人の個性に合わせたケア

②対象のニーズに合わせたADLのサポート

③ケアプランに沿った認知症を持った利用者のサポートと観察

④看護師の指示のもと同僚と協働する

⑤その日のタスクリストに沿って仕事を完遂する

⑥利用者に変化があれば看護師に報告し記録する

⑦利用者の変化を時間内に記録する

⑧ケアプランに沿って身体面以外のニーズにも対応する

⑨利用者、利用者の家族、同僚とコミュニケーションをとる時はプロとして質の高いサービスを提供する

英語で難しい言葉ばかり並んでいると難しく見えるかもしれませんが、大丈夫です。

特に日本で看護師をしていた人にとっては特に難しいことはありません。

英語を使ってしっかりとコミュニケーションをとれれば、問題なく仕事ができるようになります。

まとめ

オーストラリアに看護留学をする人にとって、アシスタントナース(PCA)は多くの人が付く職業の1つです。

日本の介護福祉士とほぼ同様の業務内容ですが、少し違う部分もあり不安に思う人が多いものです。

この記事では現地でアシスタントナース(PCA)の

  • PCAの仕事内容
  • PCAとして働くメリット
  • PCAになるために必要な技術と知識


これらについて体験談を交えて解説しました。

オーストラリアでアシスタントナース(PCA)になろうとしている人の参考になれば嬉しいです。

関連記事

同じくメルボルンでPCAとして働いているブロガーのうりんこさんも記事を書かれています。
日本とオーストラリアの違いによる苦悩が書かれています。思わずウンウンとなってしまう。
うりんこさんの記事>>【オーストラリア】日本人ナースがアシスタントナースとして働くジレンマ

関連記事

【5つの重要点】オーストラリアでアシスタントナース(PCA)の職探し

【体験談】オーストラリアで就職した看護師のリアルな感想

海外(オーストラリア)で働く9つのメリット:もう日本では働けない

【誰も教えてくれない】オーストラリアで働くのに知っておくべきお得な8つの制度

この記事を書いた人
Dash

オーストラリアで看護師をしているスイーツ好き男子

☑略歴:日本で看護師になりオーストラリアに移住。メルボルンで大学を卒業し、そのままナースとして働き3年ほど経過。移住してから約10年が経過。

☑好きなもの:漫画宇宙兄弟、嫁のバスク風チーズケーキ、マインクラフト、パン作り、発酵食品づくり

タイトルとURLをコピーしました