PR

「痛みが続く」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

ワーホリ・留学準備

記事内に広告を含む場合があります。

持続的な痛みを英語でどう表現するか、知っていますか?

この記事では、「痛みが続く」を英語でどう言うのか、そしてその使い方について解説します。

痛みに関する表現を学ぶことで、英語でのコミュニケーションがもっとスムーズになりますよ。

ダッシュ

【オーストラリアで介護士になるためのブログ運営中】
✓20代でオーストラリア留学
✓英語が話せないまま移住
✓メルボルン在住歴10年
✓現地で介護士を経て看護師になる
X(ツイッターもやってます)

ダッシュをフォローする

「痛みが続く」は英語で何て言うの?

「痛みが続く」は英語で「the pain persists」と表現します。

persistは長引くとか、ここでは「しつこい」と訳した方がしっくりきますね。

これは痛みがなかなか消えない状態を表す時に使います。

The pain persists despite taking medication.
薬を飲んでも痛みが続いています。

この表現は比較的フォーマルなので、日常会話では「I’m still in pain」などの表現もよく使われますね。

「痛みが続く」を使った例文

  • How have you been feeling lately?
    最近、どうですか?
  • The pain persists, and it’s really bothering me.
    痛みが続いていて、本当に困っています。

>>「全身筋肉痛」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

「痛みが続く」を英語で使った経験

オーストラリアではほとんどの人がベッドを使っていますが、その質って大切です。

シェアハウスに住んでいたときは備え付けの安いベッドで寝ていたんですが、ずっと腰が痛かったんです。

それでシェアハウスから出た後にベッドを買うことになってchronic painがあるならと、店員さんに勧められたのがちょっと固めのベッドでした。

けっこう高かったので購入するのに躊躇しましたが、朝起きた時に体のどこも痛くないのがうれしくていい買い物をしました。

「慢性痛」は英語で何て言うの?

「慢性痛」は英語で「chronic pain」と言います。

She has been dealing with chronic pain for years.
彼女は何年も慢性痛に悩んでいます。

これは長期間にわたって続く痛みを指す言葉で、医療用語としてはこちらの方がよく耳にします。

「痛みが続いて体力を消耗する」は英語で何て言うの?

「痛みが続いて体力を消耗する」は英語で、「The ongoing pain is draining my energy」と表現できます。

これは痛みが持続していて、体力やエネルギーを奪っている状態を表します。

The ongoing pain is draining my energy, making it hard to focus.
痛みが続いて体力を消耗しているため、集中するのが難しいです。

ちなみに、「draining」は何かがエネルギーを奪っているという意味で、痛み以外にも使うことができます。

「痛みが和らぐ」は英語で何て言うの?

「痛みが和らぐ」は英語で「the pain eases」と言います。

これは痛みが軽くなる、または減少する状態を表します。

Finally, the pain eases after resting for a while.
少し休んだ後、ようやく痛みが和らぎました。

つまり、「the pain eases」という表現を使うことで、痛みが減少していることを相手に伝えることができます。