PR

「肌がヒリヒリする」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説

ワーホリ・留学準備

記事内に広告を含む場合があります。

「肌がヒリヒリする」という感覚は、夏の日焼け後や肌荒れの時によく経験しますよね。

この記事では「肌がヒリヒリする」の表現を英語でどう言うか、その使い方を詳しく解説します。

次のような単語を例文と一緒に紹介します。

  • burning pain
  • stinging
  • sore
  • hurt

英語での正確な表現を知ることで、海外旅行や英会話の時にも役立ちますよ。

ダッシュ

【オーストラリアで介護士になるためのブログ運営中】
✓20代でオーストラリア留学
✓英語が話せないまま移住
✓メルボルン在住歴10年
✓現地で介護士を経て看護師になる
X(ツイッターもやってます)

ダッシュをフォローする

「肌がヒリヒリする」は英語で何て言うの?

英語で「肌がヒリヒリする」は “My skin is stinging” と表現します。

特に日焼け後やアレルギー反応で肌が刺激されている場合に使われることが多いです。

My skin is stinging after being in the sun too long.
長時間日に当たった後、肌がヒリヒリしています。

「肌がヒリヒリする」を使った例文

  • My skin is really stinging. I think I got sunburned.
    肌がめちゃくちゃヒリヒリする。日焼けしたみたい。
  • Oh no, you should apply some aloe vera.
    あら、それは大変。アロエベラを塗った方がいいわよ。

「肌がヒリヒリする」を感じた体験

オーストラリアは晴れていて、温かいイメージがあると思いますが太陽の光は日本と比べ物にならないくらい強いです。

車で30分運転するだけだからと日焼け止めを塗らずにいると、日航が当たっていた部分が少しヒリヒリして痛いぐらい。

学校では子供が外で遊ぶときには日焼け止めを塗らせたり、サングラスの着用がルールになってるぐらい対策が取られています。

オーストラリアに来るときはしっかり強い日焼け止めクリームを持ってきてくださいね。

「ヒリヒリ痛い」は英語で何て言うの?

「ヒリヒリ痛い」は英語で “burning pain” と言います。

この表現は、肌がただ刺激されるだけでなく、痛みを一緒に感じる場合に使います。

It’s a burning pain on my arm after the insect bite.
虫に刺された腕がヒリヒリ痛いです。

医療英語にもなる表現なので、友達などと話すときはsoreの方が自然に聞こえますよ。

「日焼けしたところが痛い」は英語で何て言うの?

「日焼けしたところが痛い」は英語で “My sunburnt skin is sore” と表現します。

My sunburnt skin is sore and I can’t wear tight clothes.
日焼けした肌が痛くて、きつい服が着られません。

オーストラリアの日差しはホントに強くて少し当たるだけでもチクチクするので、しっかりと日焼け止め対策が必要ですね。

「日焼けがヒリヒリする」は英語で何て言うの?

「日焼けがヒリヒリする」は英語で “My sunburn is stinging” と言います。

日焼けした肌の刺激や痛みを表現する時に使う言葉です。

My sunburn is stinging and it’s really uncomfortable.
日焼けがヒリヒリして、すごく不快です。

つまり、日焼けで肌がヒリヒリするときは、このフレーズを使うと伝わりやすいです。

「顔が痛い」は英語で何て言うの?

「顔が痛い」は英語で “My face hurts” と表現します。

顔に何かしらの痛みがあるときに使えます。

My face hurts because of the acne treatment.
ニキビ治療のせいで顔が痛いです。

hurtsは「痛い」という意味で幅広く使える単語なので覚えてくださいね。

「しみる」は英語で何て言うの?

「しみる」は英語で “It’s smarting” と言います。賢いのスマートと同じスペルでちょっと珍しい言葉です。

例えば切り傷に何かを塗ったりしてしみる時に使います。

It smarting when I put alcohol on the cut.
傷にアルコールを塗るとしみます。

つまり、何かが「しみる」と感じる時は、この表現を使てみてくださいね。

>>「傷がしみる」は英語で何て言うの?使い方と例文を解説